075-391-1460

院内設備

ユニット

受診者の方が
安心して治療を受けられるように

受診者の方ひとりひとりにあった治療をご提供するため、
院内設備にもこだわりがあります。
当院では、歯科治療の際に感じる痛みや不快感といった、受診者の方の不安を最小限にするために、様々な機器を揃えています。ぜひお気軽に、歯科治療に対するお悩みをお聞かせください。

歯科技工用ポーセレン焼成炉
プログラマットEP

IPS e.max プレスの修復物を作製する専用の機械です。IPS e.maxプレスは高い強度を持つだけでなく、金属アレルギーの心配がなく、天然歯に近い摩耗性を持っているために、対合歯に対しても優しいセラミックスです。
プログラマットEP

歯科用CT

当院では、歯科用CTを導入しています。顎の骨の立体的な形態や神経の位置の把握、骨密度の診査などができ、従来の二次元のレントゲン画像では得られなかった情報を得ることができます。インプラント治療はもちろん、他の分野においてもCTは有効であり、正確な診断のもと安全性の高い治療が可能となります。
プログラマットEP

歯科用CTのメリット

①被ばく量の低減当クリニックの歯科用CTスキャンは短時間で必要最小限の部位を選択的に撮影できるので、被ばく線量を最小限の抑えられます。
②短時間の撮影院内ですぐ撮影・分析が可能ですので、受診者の方にお手間を取らせることなく、診断の時間短縮ができます。撮影時間はたったの3秒から14秒です。
③撮影後の早期の画像処理・診査・診断従来のレントゲンでは見えない骨(質・厚み・高さ・形態)、歯槽骨の状態、歯根、上顎洞、顎関節、神経、内部構造はもちろん病巣の有無や大きさ、進行状況に至るまで3次元画像で正確に診断することができます。

当院でのCTの活用例

①歯周病の診断歯周病で歯を支える骨がどれくらいなくなっているか、あるいは治療によりどれくらい骨が再生しているかを3次元画像で視覚的に見ることができますのでご自身の状態をおわかりいただけます。
②顎の骨の診断顎の骨も3次元的に撮影することができます。顎関節症などの診断に役立ちますので、ご自身の症状を正しくご理解いただくことができます。
③歯の形の診断歯の根の形態や数、曲がり具合、方向や長さを立体的にとらえることができますので、根の治療においても役立ちます。
④インプラントの診断インプラント治療において、顎の骨に埋めるインプラントを立体的に捉えて治療計画を立てます。またインプラントの数、長さ、太さをあらゆる方向から診断して正確に決定することができます。神経などを避けて安全な位置、方向、埋める深さを決められます。治療計画を具体的に説明いたします。

マイクロスコープ

当院ではカールツァイス社製のマイクロスコープを導入し、できる限り痛みの少ない外科処置、精度の高い治療をご提供いたします。 肉眼では判別しにくい虫歯や歯石もより正確に、確実に、そして必要最小限の介入で治療ができますし、歯の根の治療には実際に歯の内部を覗いて確認できます。 また、傷跡を残したくない歯肉の形成外科や、歯周病治療、インプラント治療など、時には非常に繊細な処置を行う必要がある、非常に見にくい場所を処置する必要がある場合でも正確な手術が可能です。
マイクロスコープ

マイクロスコープのメリット

①診断や治療を正確に行うことができる歯科医師の経験や勘に頼るのではなく、高倍率に拡大された視野によって患部を見ることができるため、肉眼で見た時よりも正確な診断・治療が可能となります。
②治療の質を高めることができる肉眼では見ることができなかった根管内の状態や、小さな虫歯なども確認することができるため、従来よりも治療の質を高め、病気の再発防止などをはかることができるようになります。
③治療の様子を確認できるマイクロスコープにはCCDカメラが内蔵されているので、実際の治療の様子をモニターでご確認いただくことができます。受診者の方にご自身の歯の状態をご理解いただき、治療内容を把握していただいたりする事ができます。

当院でのマイクロスコープの活用例

①根管治療歯の神経は非常に複雑な形をしているため、肉眼だけでは精密な根管治療を行うことは困難です。しかし、マイクロスコープを使用することで、根管の状態を正確に確認することが可能となり、精密かつ正確な治療を行うことにより根管治療の成功率を高めることができます。
②外科治療インプラント治療などの外科治療にもマイクロスコープを用いることで、メスや小さい針、細い縫合糸が使用できます。それに伴い、治りも早く傷跡も残りにくくなります。マイクロスコープによる治療は、今までは困難だった体にやさしく安全で精密な施術と言えます。
③修復治療マイクロスコープを使用することで、補綴物・修復物の適合精度を高めることができます。適合精度の高い補綴物・修復物はメンテナンスがしやすいため、結果、天然歯の維持に繋がります。

歯科用CAD/CAMシステム
トロフィー

歯科治療中にもっとも血圧の高まる場面は、歯の型どりだと言われています。 受診者の皆さんのそんな不快感を解消するために、当院では歯科用CAD/CAMシステム(Trophy Solutions 以下 トロフィー)を導入しています。
プログラマットEP

K7エバリュエーションシステム

筋肉のバランスが取れた噛み合わせの位置を計測する機器です。この装置によって、受診者の方本来の筋肉バランスを解析することが可能となり、導き出された正しい噛み合わせへと矯正治療を行います。
プログラマットEP