小児歯科・矯正

小児期からの歯科矯正治療

大切なのは筋肉

歯並びを決めるのは、顎の周りの筋肉(舌、頬、唇)です。これらの筋肉は筋膜によって全身の筋肉とつながっています。筋肉は骨の成長に直接的に関係します。
小児期に姿勢に問題があったり、舌の使い方が正常でないと、骨の発育が遅れて歯のはえるスペースが不足し、歯並びに影響が出てきます。
当院では歯だけでなく全身姿勢の指導も行いながら歯科矯正治療を行っています。
子供の頃に歯並びを正常な形態に整え、顎の周囲の筋肉を正常に機能させることは、健康な大人に発育する為に非常に大切だと考えています。
 
詳しくはこちらをご参照ください。

床矯正研究会

診療受付時間
9:00~13:00
14:00~18:00
木曜・土曜午後、日曜、祝祭日

TEL.075-391-1460

〒615-8035
京都府京都市西京区下津林芝ノ宮町17