医師の紹介

院長 佐々木 悦男 

 所属学会/研修会及び取得資格  歯学博士

ごあいさつ

歯および歯周組織の健康と噛み合わせを管理することは、人間が発育し健康な機能を獲得するための、非常に重要な構成要因であるという理念の基に日々診療を行っております。

小中学校の歯科検診のデータを見ますと、一昔前とは異なり、齲蝕はかなり減少しています。しかし歯列不正や咬合異常の子供が多くなっています。正しい噛み合わせをつくるには、子供の時からの治療が重要です。つまり安定した歯並びをつくるには歯並びを整える(形態)だけではなく、顎の周囲筋肉(唇、頬、舌、咀嚼筋)を正しく成長させること(機能)が必要です。幼少期の治療は幼少期の為だけの治療ではなく、健康な大人に発育していただくための治療です。
 
もちろん成人になってから、齲蝕や歯周病、噛み合わせの問題に悩んで来院される受診者の方も沢山おられます。私たちは各個の生理的な正しい噛み合わせを回復、維持することで、歯科の二大疾患である齲蝕と歯周病から歯や歯茎を守ることができるという信念を持っています。
 
口腔内の健康管理は、一生涯に渡って必要なものです。そしてそれを行うのは受診者の方ご自身です。私たちはそのサポートをさせていただきたいと常に願っております。



歯科医師 佐々木 継泰

 所属学会/研修会及び取得資格 


国際顎頭蓋機能学会フェロー
国際顎頭蓋機能学会日本部会認定医
日本臨床歯周病学会会員
エゴスキュージャパン認定セラピスト

 投稿雑誌  クインテッセンス2011 vol.30 「My first stage」 クインテッセンス出版

ごあいさつ

口は食べ物の入り口であり、呼吸や発音発声に必要なところでもあり、感染症から身を守る為の免疫機構が最初に働く部分でもあります。また各歯の組み合わせである噛み合わせと、全身の姿勢および健康は大変密接に関係しています。
 
不正な姿勢は噛み合わせに不調をきたさせ、気道を狭め、免疫機構をも正常に働かせなくしてしまいます。反対に不正な噛み合わせは姿勢を歪ませ、全身の健康に良くない影響を与えます。最新の研究で、これらのことが明らかになっています。
 
私たちはアメリカと日本で驚異的な成果を出している最先端の、ニューロマスキュラー理論(噛み合わせ理論)とエゴスキューメソッド(運動療法理論)を併用して総合的な治療を提供させていただきます。またその他の歯科技術においても、常に研修会や学会で研鑽を積み、より多くの受診者の方に還元できるよう努めています。
 
また当院では、予防とメンテナンスを重視した診療システムを採用しています。受診者の方々に良く噛めて素敵な笑顔で、生涯を生活していただきたいと願っています。受診者の方々がご自身で末永く健康管理、健康増進ができるようお役に立てれば幸いです。

診療受付時間
9:00~13:00
14:00~18:00
木曜・土曜午後、日曜、祝祭日

TEL.075-391-1460

〒615-8035
京都府京都市西京区下津林芝ノ宮町17