075-391-1460

保険と自費治療の違い

保険と自費治療の違いについて

  保険治療 自費治療
特徴 治療費の一部を負担するだけで治療を受けることができます。
最低限の機能回復を目的としているため、治療方法や治療に使う材料などにかなり制限があり
ます。
全ての治療費が自己負担となる治療です。
その代わりに制限が一切なく、審美性・機能性などを追求した質の高い治療を選択可能です。
見た目 見た目の問題は保険治療では疾病とは認められていません。
そのため、銀歯など不自然な見た目になることがあります。
自費治療で使える素材の中には、まわりに合わせた自然な仕上がりにできる素材が数多く用意されています。
機能性 限られた素材や方法で治療を行うため、装着感や咬み心地などに違和感があることがあります。 天然歯に近い硬さの人工歯を選択することが可能です。
また、使い心地の良さも求めることができます。
健康面への影響 銀歯など使用する素材が定められています。
それらの歯科金属が経年劣化によって溶け出すことで、金属アレルギーの原因になることがあります。
生体親和性の高い素材を使った治療も選択できるため、金属アレルギーのリスクをなくすことができます。
費用 比較的、抑えることができます。
また同じ治療内容であれば、どの医院でも費用は同じになります。
比較的、高額になります。
また治療方法や素材が同じでも、医院によって費用が異なることがあります。
保険治療は「病気で失った機能を回復すること」に主眼が置かれています。そのため使用できる素材や治療方法に制限があり、使い心地・見た目の美しさ・健康面への配慮などは十分でないのが実状です。
これに対して自費治療は、見た目の美しさや使い心地、耐久性、病気の再発防止にこだわった治療を希望に応じて選択することができます。治療費は全額患者さんの負担となりますが、十分な時間と手間をかけた治療を受けることができます。
費用を重視して必要最低限の治療を受けるのか、毎日の食事や会話を快適に楽しむために歯の治療に投資をするのか。これは、十分に検討すべき問題だといえるのではないでしょうか。
当院が自費治療をおすすめする理由
当院では、将来にわたって歯を守り続けるためにも、患者さんに自費治療をお勧めしています。例えば、確かに根管治療(歯の根の治療)を自費治療で行った場合、保険治療よりも高額になります。
しかし歯の神経が通っている根管は、植物の根のように複雑な形をしています。しかもこの歯の神経は脳にまでつながっている非常に繊細な部分です。歯の神経がむし歯菌によってやられてしまうと血管もともにやられ
ます。
血液にのってやってきて細菌を食べてくれる体内の免疫細胞は根管内に入ってこれなくなります。根管内の細菌を退治するには、歯科医師が器械的、化学的に取り除くしか方法がないのです。
口の中の小指の頭ほど小さな歯の中の、さらに細くて複雑な形の根管を肉眼で探して、保険適応の限られた器具だけで治療を行うのは大変困難を極めます。
半面自費治療の場合、顕微鏡で大きく拡大した見やすい状態で、使う器具にも制限なく、無菌的な治療が行えるので成功率も格段に上がります。ですので再発リスクも保険治療より大幅に抑えることができるのです。
別の例では、詰め物・被せ物に自費治療で選択出来るセラミックを使用した場合、そのときの治療費は銀歯に比べて高くなります。しかし耐久性や再発防止性に優れるため後に取り替えるリスクを減らすことができます。
むし歯も歯周病も細菌が引き起こす感染症です。治療でいかにお口の中の悪玉菌を減らし、治療後もメンテナンスによって悪玉菌の数を低く保ち続けるかが大切
です。
治療で歯を修復して健康を取り戻した後も、予防のためにむし歯リスクを自費で判定し、リスクに応じた薬を使い、定期的なメンテナンスを続けていれば、以後の治療自体が不要になる可能性も出てきます。
さらに病気の早期発見・早期治療に取り組むこともできるため、気付かない間に症状が悪化していて、高額の費用を払って難しい治療を受けなければならなくなったという事態を防ぐことも出来ます。
このように10年後20年後を見据えた時、あなたの健康や生活面での快適さを踏まえ、当院では自費治療をお勧めしています。人生100年時代を永く健康に快適に過ごせるように、是非今一度お口の健康について治療法についてご検討ください。